戸田屋商店 手拭い

f:id:Rutica:20220220135912j:plain

東京下町で作られている、梨園染(注染)の手拭い。

染料を繊維の芯まで浸透させて染める注染は裏表がなく、

使う面が表になるのが特徴です。

 

歌舞伎や舞踊の世界で愛用されてきたことから

梨園染」と呼ばれるの戸田屋商店の伝統技法。

手拭い用に織られたオリジナルの木綿生地を使用するなど、

細部まで行き渡る物づくりへのこだわり。

その情熱も注ぎ込まれた、粋なデザインが揃う手拭いです。

 

戸田屋商店 手拭い
約37×98cm
綿100%
800~1,500円(税込880~1,650円)

 

 

a. 朝顔(1,500円/税込1,650円)

f:id:Rutica:20220219164818j:plain b. ひまわり(1,500円/税込1,650円)

c. 小魚(1,000円/税込1,100円)

f:id:Rutica:20220219164802j:plain d. 豆絞り(1,000円/税込1,100円)

e. 古伊万里(1,200円/税込1,320円)

f. ほたる(1,500円/税込1,650円)

f:id:Rutica:20220319172010j:plain g. 瓢(1,000円/税込1,100円)

f:id:Rutica:20220319172006j:plain h. つばめに柳(1,200円/税込1,320円)

 

GAIAネット
https://rutica.hatenadiary.jp/entry/20210207